【厳選】Youtubeで使えるアクセスアップツールと使い方!

【厳選】Youtubeで使えるアクセスアップツールと使い方! アクセスアップ

今や当たり前になったYoutube動画は、小さい子供から大人まで幅広く活用されているツールです。広告における効果も抜群で、テレビCMにも劣らない宣伝効果があることで注目も集まっていますよね。今回は、そんなYoutubeで使えるアクセスアップツールについて紹介していきます。

YoutubeのSEO対策の必要性とは?

Youtube動画をUPすると、色んな人に見られると思っている方が多いのではないでしょうか?これは間違いです。逆にUPしただけでは、誰にも見られず終わってしまう事でしょう。Toutubeもブログを同じようにSEO対策をしなければ、世間の目に届く事はありません。Youtubeにもブログサイト同様にSEO対策の必要性があると言う認識を持っておきましょう。

YoutubeのSEO対策には様々な方法があり、ブログサイトと共通する部分と、Youtubeに特化した部分が存在します。さらにYoutubeにはアクセスアップを支援するためのツールも数多く利用されているので、それらを駆使しながら再生回数UPを目指す事が出来ます。

Youtubeの使えるアクセスアップツール5選

Youtubeの使えるアクセスアップツール5選

Youtubeでよく使われているアクセスアップツールには、大きく5つのツールが存在します。これらはYoutube動画を運用する上で基本的な対策なので、必ず実行するようにしましょう。設定自体はブグサイトの対策に比べて単純ですが、Youtubeならではの独特な文化も入ってくるので、最初は少し戸惑うかもしれません。

ツール① Youtubeアナリティクス

Youtubeアナリティクスは、Youtubeサイト上での機能であり動画コンテンツに対するアクセス状況を詳しく分析することが出来るツールです。ブログサイトにあるような日別のアクセス数はもちろんですが、その他にも動画の総再生時間もレポートとして見る事が出来ます。動画コンテンツに関する詳しい分析ってブログサイトの観点では、なかなか分析する事がないのでYoutubeならではの視点であると言えるでしょう。

他にも折れ線グラフや積み上げグラフなどの視覚的な分析から、トレンドを見極める事で色んな視点からの戦略が立てやすくなっています。例えば、性別や年代・国に至るまで想像もしなかったようなニーズを掴んでいる事に、気づかされる事があるかもしれません。Youtubeアナリティクスでの分析は、作り手の固定概念を覆る良い機会として利用する事が出来るので、アクセスアップを狙うための有意義なツールであると言えます。

ツール② TagsForYoutube

Youtubeにおけるタグは、検索だけでなく関連動画としてピックアップされるチャンスにも影響が出ます。各動画コンテンツには、それぞれ色んなタグ付けがされており、そのタグに引っかかったキーワードで検索された場合に結果として出てきます。それ以外にも、同じタグの動画が関連動画として視聴者の目に触れる機会が増えるので「どんなタグをつけるのか?」は非常に大切です。

この事から人気動画のタグを参考にする事で、それに便乗しながらアクセスアップを狙う方法も一つの手段として有効であると言えますよね。TagsForYoutubeは、そんなニーズに応えたツールで他の動画コンテンツのタグが一目で分かる機能を持っています。このツールを持ってすれば、どんな人気動画のタグでも一目で確認する事が可能です。

ツール③ ユーチューブサジェストキーワードDLツール

このツールは、Youtubeの関連キーワードを分析するツールでWeb上にあるフリーツールになります。フリーなので登録が不要で、誰でも使えて手軽に検索する事が可能です。Youtube動画はサイトブログと同様に、タイトルにキーワードが含まれているかどうかでアクセスアップへの効果が変わってきます。

ユーチューブサジェストキーワードDLツールのホームページでは、テキストボックスに主となるキーワードを入力するだけで関連キーワードが五十音順で出てきます。動画タイトルを決める際には、非常に参考になるツールなので是非使ってみましょう。

ツール④ KeywordTool(キーワードツール)

KeywordToolは、YoutubeだけでなくGoogleやAppStore上のキーワードを調べる事が出来る無料ツールです。有料版へ登録すれば、さらに詳しい分析結果を得る事が出来るので機能性の高いツールとして注目されています。このツールでのポイントは、日本語以外のワードで検索出来る点にあります。

今やYoutubeは、日本人を対象としたものだけでなく世界レベルでアクセスアップが狙えるツールです。ブログサイトのように言葉で表現しているだけではないので、視覚的にインパクトを与えれば世界中の人からのアクセスが期待出来ます。

ツール⑤ vidIQ

vidIQは、GoogleChromeの拡張機能からインストール出来る、Youtube専用のアクセスアップツールです。このツールをインストールするとYoutube動画のサムネイル下に、新たなパーセンテージの数値が現れます。これは高評価と低評価の割合を示していて、通常動画を開かないと見れないものです。サムネイルの段階で見る事が出来るのは、ユーザーからの反応を一気に確認する事が出来るので便利ですよね。

vidIQは、アカウントを作ってログインする事で、OVERVIEWを始めとしたコンテンツの詳細を確認する事が出来ます。SEO対策にも有意義なデータが揃っているので、Youtubeアクセスアップには参考になるものばかりです。

Youtubeアクセスアップツールの使い方

Youtubeアクセスアップツールの使い方

このようにYoutubeアクセスツールには、Youtubeに備わっているツールや外部からのインストールツールなど様々です。しかし、その多くは無料ツールであることが特徴的ですよね。それだけ優良なコンテンツを求める声が強い事が分かります。では、ここで実際にアクセスアップツールの使い方を紹介していきましょう。

Youtubeアナリティクスの使い方

Youtubeアナリティクスは、アカウント登録している方であれば誰でもすぐに使えるツールです。外部ツールではありませんが、かなり質の高い分析が可能なので、Youtubeアナリティクスを使いこなすだけでも相当なSEO対策になりますよ。

視聴者維持率をチェック

視聴者維持率は、視聴者が動画をある一定の時間、もしくは最後まで見終わったか?と言う率になります。例えば、再生回数100回の動画があったとしても、すべて最初の10秒以内に離脱していると30秒時点での視聴者維持率は0%です。サムネイル画像のインパクトが強すぎて、動画が始まる「騙された」と思ってしまう内容だと視聴者維持率は著しく低くなります。

Youtubeアナリティクスでは、エンゲージメントタブで視聴者維持率をグラフで分析する事が可能です。グラフが平坦な場合が一番良好で、最後まで動画を見ていることを表します。逆に視聴者が離脱すると、グラフの谷が出来るので動画の質に問題がないかを検討する材料になります。

ユーザー層をチェック

Youtubeアナリティクスの視聴者タグでは、アクセスしたユーザー属性を知る事が出来ます。属性には、国や言語、性別、年齢の項目があり、ニーズ層を知る上で非常に重要な分析結果となります。特にYoutubeは海外でバズる事も多く、意外なニーズを把握しておく事で、今後の戦略に生かす事も可能です。

再生場所をチェック

概要タグのグラフから詳細をクリックすると、もっと掘り下げたデータの中から再生場所の集計結果を確認する事が出来ます。再生場所は、どのページから動画が再生されたかを表す数値です。多くの場合にはYoutubeから再生されますが「直接検索して再生されたのか?」「関連動画から再生されたのか?」を把握する事で、アクセスアップのための戦略に生かす事が出来ます。

ブログサイトからの再生回数が多い場合には、より実用的な動画コンテンツを提供出来ている事になるので、動画コンセプトの方針を固める上でも有意義な情報である事が分かりますよね。

再生される端末をチェック

再生された端末(OS)を知る事が出来るのもYoutubeアナリティクスの特徴です。iOSやAndroidのようにスマホからのアクセスが多い場合、通勤途中や休憩時間などの限られたい時間で動画を見ている可能性が高いです。そのため、余りにも長い動画だと視聴者維持率が下がってしまうため、短めのコンテンツも入れていく判断にも繋がります。

翻訳された回数をチェック

翻訳の投稿を行なっているのは、あまり多くないかもしれません。Youtubeの投稿機能には、動画内の音声を文字起こししたり翻訳したりする機能があります。審査があるので、少し面倒ではあるもののグローバル単位でのアクセスアップを狙う方には最適な機能です。Youtubeアナリティクスでは、翻訳機能を使って動画を閲覧した回数を確認する事も出来るので、諸外国からコンテンツへの興味を定量的に測れます。

TagsForYoutubeの使い方

TagsForYoutubeは、Youtubenoアクセスアップのキーととなるタグが確認出来るツールです。このツールをインストールする事で、他の動画コンテンツのタグが青字で表示されます。動画タイトルを決める際には、同じような動画のタグを組み合わせてタイトル付けすると良いでしょう。競合の高さにもよりますが、実際やってみると面白いように上位に食い込んできますよ。

ユーチューブサジェストキーワードDLツールの使い方

ユーチューブサジェストキーワードDLツールは、タイトル決めでも有意義に使う事は出来ますが、説明文でのキーワードにも利用出来ます。Youtubeでアクセスアップを狙うには、説明文におけるキーワードの使用も重要な項目になってくるので、サジェストキーワードを使った文章を意識すればアクセスアップ間違いなしです。

KeywordTool(キーワードツール)の使い方

KeywordToolは、Youtubeに限らずGoogleやAmazon、Instargamなどの検索エンジンにも使えるキーワードツールとして注目されています。基本的には無料ですが、有料版を使う事で検索ボリュームなどの詳しい分析結果を得る事が可能です。月間69ドルとやや高くはなりますが、大手ECサイトやSNSなどの検索ボリュームを同じツールで分析出来るので、より質の高いSEO対策が出来ます。

例えば、Amazonでの人気ワードからヒントを得て、検索でヒットした商品の紹介動画を作成するのも良いでしょう。Youtube内での検索だけでなく、アフィリエイトを狙った商品紹介サイトからの再生回数も見込めます。SNSとの連携も含めれば、更に効果が見込めるでしょう。

vidIQの使い方

vidIQは海外のツールなので、英語表記になっていて少し使い勝手が悪いかもしれません。しかし分析されているデータは、Youtubeアクセスアップに重要なものばかり。目立つフォントで数値が表示されているので、視覚的にもストレスなく分析結果を確認する事が出来ます。ここでは、vidIQの具体的な使い方について紹介していきましょう。

評価の割合をチェック

前述でも少し触れましたが、vidIQをインストールすると動画サムネイルの下に高評価と低評価のパーセンテージが表示されます。通常、高評価と低評価はそれぞれ数値で表示されている上に、動画をクリックしないと見る事が出来ません。vidIQでは、サムネイル段階から確認出来る上に、高評価が多いか低評価が多いか直感的に捉える事が出来ます。

タグ付けをチェック

vidIQには、タグ付けが確認出来る「VIDEO TAGS」と「CHANNEL TAGS」が存在します。動画に対するタグ付けはもちろん、チャンネルに対するタグ付けまで確認出来るのは嬉しいですよね。タグ付けはYoutubeのアクセスアップにとっては、キーワードと同様に肝になるものです。まずは、どのようなタグが使われているのかを分析する習慣をつけましょう。

タグの使用状況をチェック

vidIQでは、各タグに対する詳細まで確認可能です。一つタグを選んでクリックすると、そのタグがどれぐらい使われているのかが視覚的に分かるグラフが開く仕組みになっています。多ければ、それだけ人気のタグである証拠なので、どのような動画コンテンツがあるのかを検索してみるのも分析としては有意義でしょう。

vidIQの各数値をチェック

その他にもvidIQでは、様々な細かい分析結果が表示されています。英語表記なのでアレルギーを起こして見る気が起きない方がいるかもしれませんが、アクセスアップには非常に有意義な情報が多い事から覚えておくと便利です。最初に出てくる「OVER VIEW」には、動画の基本概要です。

OVERVIEWには、vidIQ独自のスコアである「vidIQ score」や視聴回数の「views」動画の尺である「duration」が表示されます。中でもアクセスアップに強く関係してくるのが「vidIQ SEO score」です。このスコアは、SEOタグに記載されていて説明文の文字数や、動画内で1 分間に話された単語数まで分析しています。

その他にも、説明文の中で貼られているURLの数や、終了画面に記載される動画要素数もスコアの評価対象になっているようです。vidIQ SEO scoreのスコアが高いほど、動画コンテンツとしての「質」が高く、アクセスアップに繋がりやすい事を表しています。さらにCHANNELタグを見ていくと、アクセスアップの分析には嬉しい情報がたくさんあります。

チャンネルごとの総再生回数や登録者数は、通常でも確認できる指標ですが、それ以外にも1日の平均チャンネル登録者数や1日の平均再生回数まで閲覧できます。これらの指標は、自分の動画チャンネルの確認だけでなく、人気チャンネルの分析にも役立つので非常に有意義な情報であると言えますね。

Twitterのシェア数をチェック

SNSの対策も万全なのがvidIQの優れた点です。Youtube動画は、Twitterで宣伝することでアクセスアップを狙える効果があります。最近では、Googleの検索エンジンよりもTwitter検索エンジンの方がリアルタイムな情報が早いレスポンスで得られる事から、Twitterへの参入がランキングを左右します。

vidIQでは、Twitterで共有された数をアイコン上での通知で直感的に確認することが出来ます。また中を見る事で、ツイート内容も確認出来るので動画に対する意見やニーズがリアルに捉える事が可能です。

Youtubeでアクセスアップさせるツールの裏技9選

Youtubeでアクセスアップさせるツールの裏技9選

Youtubeアクセスアップには、色んな便利ツールを使う事も大切ですが機能を最大限に生かせないと成功には繋がりません。ここではYoutubeでアクセスアップさせるための裏技を紹介します。

裏技① トラフィックエクスチェンジ

トラフィックエクスチェンジは、ブログサイトで言う所のアクセストレードに似ています。お互いに相互リンクを貼り合う事で、ユーザーからの行き来をしやすくする手法で、ユーザーのアクセスをお互いに得れる事からアクセストレードと呼ばれています。Youtubeでのトラフィックエクスチェンジは「自分もみるから、あなたも見てね」と言う仕組みです。

トラフィックエクスチェンジには、専用サイトがいくつか存在しサイトに登録することで、動画へのアクセスやチャンネル登録数を実際に増やす事が出来ます。その代わり、こちからも他の動画を閲覧したりチェンネル登録したりしないといけません。つまりトラフィックエクスチェンジは、クリエイター同士で再生回数を稼ぎ合おうと言う仕組みなんです。

トラフィックエクスチェンジ専用サイトは、これらのやり取りをポイント化することで活動を促しています。具体的に説明すると、他の動画を見ればポイントが加算され、自分の動画を閲覧すればポイントが使われるので、広告料を稼ぐために他の動画に貢献し、稼いだ広告料を自分の宣伝に使う流れです。

裏技②Youtube関連動画とおすすめ動画

関連動画やおすすめ動画に表示されると、再生回数が一気に増えます。実際使っている中でも、関連動画やおすすめ動画からファンになった動画って一つはありますよね?動画コンテンツへのファーストアクセスは、検索エンジンからのような直接的なアクセスよりも、間接的なアクセスの方が多いことを認識しましょう。Youtubeでは、関連動画とおすすめ動画というカテゴリを良く目にすると思います。関連動画やおすすめ動画として認めてもらうには、タイトルや説明文そしてタグが重要なポイントになってきます。出来るだけタイトルや説明文にキーワードを入れる意識を持ちつつ、関連するタグをしっかりつけておくことで露出する機会が増えますよ。

裏技③ タイトルが重要

キーワードの部分で少し触れましたが、タイトル付けはYoutubeの検索順位へダイレクトに響いてきます。人気動画タイトルの真似で良いので、出来るだけキーワードを多く使ったタイトルにしましょう。

裏技④ 説明文はより多く書く

ブログサイトでもディスクリプションと呼ばれるブログの説明文があります。ディスクリプションでは、100文字程度に抑えておく事が推奨されていますが、Youtubeの説明文は多いほど良いです。Youtubeの説明文の重要さを知らない方は、つい省略してしまいがちですが、この説明分位はより多くの文章を書き込んでおきましょう。この説明文の中で、キーワードやサジェストキーワードをどれだけ多く使えるかがポイントになります。

裏技⑤ 10個以内のタグ付け

分析でも良く現れるタグ付けですが、このタグは10個以内にしておく必要があります。このタグが多すぎると評価が低くなってしまう可能性が高いです。人気動画を分析すると、何十個ものタグ付けがされていますが、これは人気動画であるからこその手法なので、最初は10個以内を心がけてください。

裏技⑥ 視聴維持率を伸ばす

Youtubeアナリティクスでも登場した視聴者維持率は、最後まで動画を見てもらった再生回数を増やすことで率が良くなります。つまり尺の長い動画であればあるほど維持率を保つのが難しいため、初心者のうちは3分以内の動画にしておく方が良いでしょう。

裏技⑦ コメントを活用する

トラフィックエクスチェンジに近い手法として、コメントへの記入が効果的です。コメント欄へ動画に関する意見を書くと「興味を持ってくれているな」と相手が感じて、自分のチャンネルに訪問される確率も高くなります。地道な作業ですが、興味がある動画にはもれなくコメントをするように癖付けましょう。

裏技⑧ サムネイル画像で惹きつける

Youtube動画は、再生される前段階でサムネイル画像が表示されています。クリックするきっかっけとして、インパクトの強いサムネイル画像を使っている傾向が強い事から、惹きつけるような画像選びが大切です。良くある手法として、動画に存在しない画像を使っている場合がありますが、これはユーザーにとって印象があまり良くありません。

裏技⑨ チャンネル登録数を増やす

再生回数も大切ですが、チャンネル登録数はもっと大切です。チャンネル登録する事で、動画をUPする度に登録者へ通知が行くので、離れかけのユーザーを取り戻す事にも繋がります。トラフィックエクスチェンジでも、チャンネル数を増やす事に意識を持っておく方が良いでしょう。

まとめ

Youtubeは、今や広告ツールとして最も効果的なものとしてネットの世界に君臨しています。2020年には動画広告市場が2000億円を突破すると言われている中で、Youtubeも今後どんどん市場が拡大していくでしょう。競合が多いマーケットですが、同時に爆発力が高いのもYoutubeの特徴です。アクセスアップを狙った作業には、地味な作業も多くすぐに効果が出ないものばかりです。

しかし、一度波にのれば動画をUPする楽しさや、チャンネル登録者数を増やす楽しさを見出す事が出来ます。この機会に、ぜひYoutubeのアクセスアップに挑戦してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました