【厳選】SEO対策でアクセスアップさせる方法 12選

【厳選】SEO対策でアクセスアップさせる方法 12選 アクセスアップ

今やブログにおけるSEO対策は、アクセスアップを図る上で必須の項目となりました。アクセスアップさせる方法にはいくつもありますが、実際どの施策を行えば成果が出るのか分からないという方も多いでしょう。

本記事では、そのなかでも特に効果の高い12選を紹介していきます。基本的な所から応用まで幅広く紹介しているので是非参考にしてください。

【厳選】SEO対策でアクセスアップさせる方法 12選

【厳選】SEO対策でアクセスアップさせる方法 12選

それでは、SEO対策でサイトのアクセスを図るための12の方法について、詳しくみていきましょう。

SEOの定義

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンの最適化を意味する言葉として注目されています。Webサイトで出来るだけ多くの露出をさせる為に、一連の取り組みを行う事がSEO対策です。SEO対策をしないと、せっかく作ったブログも人目に触れる事なく、まさに地図にない無人島状態。

そうならない為には、アクセスアップを意識したSEO対策が非常に重要です。アクセスアップされる為のSEO対策には、いくつかの方法があり基本的な設定から日々のメンテナンス的な設定まであります。今回はそんなSEO対策について、アクセスアップさせる方法12選を紹介してきましょう。

SEO外部対策によるアクセスアップ

SEO対策の一つである外部対策は、ユーザー目線からの対策が重要なポイントになります。各種コンテンツやブログ記事の文章など、ユーザーに「読みたい」「見たい」と思わせるサイトであればあるほどアクセスアップには繋がりやすいです。そんな外部対策には、一体どのような方法があるのかを紹介していきましょう。

方法① コンセプトを決める

どのブログでも言える事ですが、根幹的なコンセプトをどれだけユーザーへ伝えられるかが重要になります。コンセプトは、ブログ管理者が持っている「思い」であり「こだわり」の一つです。ブログ全体には、核となる普遍的なコンセプトを持っている事で「何を伝えたいか?」「どんな人に読んでもらいたいか?」が決まってきますよね。

こうしたコンセプトがより前面に出ているブログが、ユーザーにとって良いブログとして認定されるので、コンセプトに共感したユーザーがどんどん訪問してきます。自分がドライブ好きであれば「ドライブ好きの自分にとって、あったら嬉しい情報は何か?」と言う視点でブログを作っていくのも良いでしょう。

方法② キーワードを調査

何か情報を知りたい場合に、ブログタイトルや記事タイトルで検索する人はほとんどいません。多くの場合は、知りたい情報に関連するキーワードから検索され、検索結果で上位に出てきたサイトをクリックします。今の検索エンジンは、Gooleの検索エンジンが基になっている場合が多い事から、Googleの評価で上位に食い込む事が必須です。

Google検索エンジンで優位に立つには、関連キーワードを多く使う事が重要になります。ブログ記事内で、どれだけ多くのキーワードが使われているかがポイントになりますが、不自然に使いすぎる事でユーザビリティが低くなると外部対策としては失敗です。あくまでユーザーが読みやすい事が前提で、出来るだけキーワードを使ったブログ記事である事がポイントになります。

キーワード調査と聞くと難しく思ってしまいがちですが、Google検索エンジンで簡単に調査する事が可能です。

方法③ ニーズを調査

コンセプトとキーワードが決まれば、ユーザーがどの様な事に疑問を抱いて、どんな事で困っているのかを把握しておく事が大切です。Yahoo!知恵袋の質問キーワードからヒントを得て、どの様なニーズがあるのかを調査する事がアクセスアップの為の対策と言えるでしょう。こうしたニーズを把握する事は、需要に対する情報の供給になるのでマーケティング能力の一つとも言えます。

自分が決めたコンセプトの中でも、特にニーズが多いポイントを見つけて、響きそうな切り口で記事を書く事が訪問者を増やす一番効果的な手段であると言えるでしょう。

方法④ タイトルを決める

ブログ記事のタイトルでは、ユーザーの目を惹きつけるものがSEO対策として効果的です。但し、惹きつける事を意識するあまり意味不明なタイトルにしてしまうと、何についての記事なのかが分かりません。出来るだけキーワードを含めたタイトルにして、ユーザーが見たいと思わせるような誘導するワードにする事が大切です。

方法⑤ 説明文の設定

ブログには、ディスクリプションと呼ばれる説明文を書き加える事が可能です。ディスクリプションをそこまで重要視しない方も多いですが、SEOの外部対策としてユーザーの信用度を得る為には重要な項目であると言えます。ディスクリプションの露出は、検索結果で表示される時にリンクの下に記載される説明文として確認する事が可能です。

ディスクリプションを設定しないと、Googleブログ記事の内容から自動的に文章が生成され文法的におかしな説明文になってしまいます。これがユーザーから見ればサイトに対する不信感に繋がるので、クリックされる可能性が低くなるんです。この事からディスクリプションは面倒がらずに必ず設定する事をおすすめします。

方法⑥ 質の高いコンテンツを作成する

外部対策として1番大切なのは、質の高いコンテンツを作成する事です。質の高いコンテンツとは、バナーや動画、記事を含めたユーザーが目にするデザイン的なものを指します。コンテンツそのものの質だけではなく、配置を含めた品質を高く保つ事が重要です。ここでは質の高いコンテンツを作成する方法を紹介していきましょう。

キーワードを含んだ記事の作成

前述ではキーワード調査が外部対策の一つとして挙げましたが、そのキーワードを使った記事の作成が質の高いコンテンツを作り上げる基本になってきます。キーワードを使えば、検索エンジンでのヒット率が上がりユーザーからの訪問をどんどん増やす事が可能です。さらに訪問が増えればGoogleからの評価が高くなるので、現状の何倍ものアクセス数が現実のものとなります。

読みやすい記事の作成

読みやすい記事の作成する事で、ユーザーが最後まで記事を読んでくれる可能性が高くなります。この事でサイトへの滞在時間が増えるので、Googleからの評価が高くなりアクセスアップに繋げる事が可能です。読みやすい記事は、ユーザーの心を掴むので再訪問する可能性も高くなり、場合によってはSNS等で拡散されるケースもあります。

読みやすい記事をたくさん書く事で宣伝効果にもなるので、常にユーザー目線に立った記事作成は、質の高いコンテンツ作りの基本であると言えます。

惹きつけるアイキャッチ画像の利用

アイキャッチ画像は、リンクを貼った場合に1番目に付くサムネイル画像です。画像は視覚的にユーザーを惹きつける事が出来るコンテンツなので、記事の内容を関連性の強いアイキャッチ画像を使う事でクリックされる可能性が高くなります。惹きつけるアイキャッチ画像を使う事で「どんな記事なんだろう?」「少し見てみたい」と思わせる事が出来ますよね。

惹きつけるタイトルとアイキャッチ画像をうまく連携させる事が出来れば、かなりの高確率でクリックされるのでアクセスアップに大きく貢献すると言えます。

関連性の高い動画の利用

アクセスアップ効果が高いコンテンツとして注目されるのが、関連性の高い動画の設置です。動画はブログ記事で伝えきれない微細な表現を視覚的に伝える事が出来るツールなので、内容を理解してもらう手段として非常に効果的であると言えます。また質の高い動画コンテンツを設置する事で、ユーザーの滞在時間が長くなりGoogleからの評価対象にもなってきますよ。

方法⑦ ブログの宣伝

アクセスアップの為の外部対策には、ブログを宣伝する事も含まれてきます。待っているだけではなく自ら能動的にブログをアピールする事で、興味を示してくれるユーザーを掘り起こす事が可能です。ここではブログの宣伝方法について紹介していきましょう。

SNS広告

ブログ宣伝の中で最も効果的なのがSNS広告による宣伝方法です。SNSでの宣伝方法は、使うSNSサービスによって異なってくるので、各社の広告要件を把握しておく事が大切です。ここではSNSサービス別の宣伝方法について紹介していきましょう。

Facebook広告

Facebook広告は、目的によって広告タイプを選択する事が可能で、かなり細かい部分まで見越した広告プランを立てる事が出来ます。中でも広告予算が1日単位から組む事が出来る仕組みを持っており、1日何人のユーザーに対してアプローチ出来るかが直ちに分かります。

Twitter広告

SNSの宣伝広告としてはTwitterが1番の効果を発揮します。Twitterに搭載されている検索エンジンのレスポンスは、他に類を見ないパフォーマンスを出します。Twitterを検索エンジン代わりに使っているユーザーも多く、Twitter情報が全てになっているケースも珍しくありません。この事からTwitter上での宣伝広告は、かなりの効果が期待出来ます。

Google広告

Google広告では、自分で広告を作成しGoogle広告プログラムの中で効率よく宣伝する事が可能です。検索結果から関連性の高いユーザーをターゲットにして、結果上位に広告表示させる事が出来るので、クリックされる可能性が非常に高くなります。Google広告は、Googleアドセンスと混在されがちですが「自分自身で広告を出すか」「他の広告をアフィリエイト目的で収益を得るか」が根本的な違いです。

どちらもGoogleアカウントがあれば簡単に登録出来るツールなので、ブログ運用している方はやっておいて損はないでしょう。またGoogle広告の広告費用はFacebookと同じく、細かい予算組みが可能です。広告期間を決める事が出来るので、戦略的に宣伝広告を実施する事が出来ますよ。

Instagramで宣伝

美容コスメ系のブログに最適なSNSと言えば、視覚的アプローチが多いInstagramです。Instagramでは、美容コスメに関する情報が多く今やカタログとして昨日している部分もあります。コスメにおいては、実際につかっている写真やその効果について視覚的に表現されているので、ブログ記事と連動させれば着実にアクセスを増やす事が可能です。

他ブログへのコメント記入

無料ブログツールでは特に言えることかもしれませんが、他ブログにお邪魔してコメントを残す手段もアクセスアップを狙ったSEO対策として効果的です。特にアメブロやFC2などのブログへの訪問者は、大半が同じブログサービス内のユーザーである事が多く、コミュニケーションを増やす事で大きなコミュニティが確立されます。

SEO内部対策によるアクセスアップ

SEO対策には、もう一つ重要な項目として内部対策と呼ばれるものがあります。内部対策は、ユーザー目線での対策ではなくGoogleプログラム目線での対策になるので、見た目では分からない設定が主な作業です。ここでは、アクセスアップの為の内部対策について紹介していきましょう。

方法⑧ サイトマップの出力

サイトマップとは、サイトの概要がファイル化されたものでGoogleクローラーと呼ばれる巡回プログラムの目印になるファイルです。Googleクローラーの巡回が増えると、ブログが評価されアクセスアップに繋がりやすい環境を作り出す事が出来ます。最近のブログサービスでは、ブログを作った時点でWEB上に出力されている事が多いので、手作りのホームページでない限りはサイトマップの出力を意識する事はありません。

方法⑨ サイトマップの送信

XMLファイルとして出力されたサイトマップは、その居場所をGoogle側へURLとして送信する必要があります。サイトマップの送信は、GoogleConsoleでURLを登録すれば簡単に行う事が可能です。この設定を行って数日から1週間経てば、クローラーの訪問数が徐々に上がって来るようになります。

方法⑩ パンくずリストの作成

パンくずリストは、ブログ内のリンクを視覚的に表したもので外部対策の要素も高い仕組みです。パンくずリストを作っておく事で、自分がどの位置にいるのかが分かりやすくなるので、別の内部リンク先への移動がしやすくなります。外部対策的には、滞在時間を伸ばすことに繋がるのですがクローラーにとってもサイト内の行き来がしやすくなるので、内部対策の要素も含まれていると言えるでしょう。

方法⑪ h要素の構造を考える

h要素の構造は、手作りホームページの場合に特に影響が出てくる項目です。HTML言語の中で見出し文章として使われるh要素は、適当に作ってしまう事でクローラーの巡回に悪影響を及ぼします。記事タイトルはh1で設置し、大見出し、中見出し、小見出しの順で「h2・h3・h4」と設置する事で、HTML構造の質が高いサイトとして評価されるので高い評価を得る事が可能です。

無料ブログサービスなどの場合には、基本的な構造がきれいに出来上がっているので、記事内の見出しについて意識して作ればクローラーの巡回に支障をきたすことはありません。

方法⑫ Ping送信

Ping送信とは、ブログを作成・更新した際にブログランキングサイトのサーバーへ情報送信する仕組みです。Ping送信を行う事でブログランキングに参加出来るので、ランキング情報をソースにしたブログまとめサイトで取り上げられる可能性が高くなります。まとめサイトで取り上げられると、それだけサイトの露出が増えてアクセスアップに繋げる事が可能です。

SEO対策の注意点とは?

SEO対策の注意点とは?

アクセスアップの為に色んな工夫でSEO対策を行いますが、いくつかの注意点を把握しておかないと逆効果になる事もあります。ここではSEO対策に関する注意点を紹介していきましょう。

説明文の文字数

前述で紹介したサイトの説明文になるディスクリプションですが、文字数が多すぎると外部対策として逆効果を生む要因になります。ディスクリプションは、検索結果から一部表示される状態になるので、文字数が多いと文章が途中で途切れ意味が十分に伝わりません。それだけでなくユーザーからクリックされる可能性も低くなる事から、アクセスアップとは逆の効果を生んでしまいます。

ディスクリプションの推奨文字数は、PC版で110文字以内、スマホ版で90文字以内とされているので100文字程度に収めておく方が無難でしょう。後半で説明文が途切れても、意味が十分に伝わるような文章に仕上げておくのも一つの手段であると言えます。

Ping登録先

SEO対策の一つであるPing送信についても、送信先のブログランキングサイトが閉鎖になっていたりURLが変わっていないかのチェックが必要です。存在しないサイトへ向けてPing送信しても、ランキングサイトへ参入する事が出来ない為、いつまで経ってもサイトへのアクセスが増える事がありません。

最新のPing送信先が掲載されているサイトもあるので、年度ごとにメンテナンスをしておくと良いでしょう。

SEOばかりに囚われない

SEO対策は確かに大切ですが、そればかりに囚われてしまうと肝心要のコンテンツの質が下がってしまう可能性が出てきます。アクセスアップの基本は良質なコンテンツの提供になるので、ブログ記事が更新されていなかったり、アフィリエイト狙いのコンテンツばかりになってしまうとユーザーは離れてしまいかねません。

良質なコンテンツを作成した上で、足らない分を補う意味でSEO対策をするように心がけましょう。

アクセスアップする為の考え方

アクセスアップする為の考え方

アクセスアップを狙う為には、視点や価値観をユーザー目線で持っておく事が重要なポイントになります。この部分が欠落してしまうと、どのような対策を講じた所で独りよがりの対策になってしまいかねません。アクセスアップをする為には、どのような視点で考えれば良いのかを紹介していきましょう。

読み手の立場で作成する

記事作成の部分でも紹介しましたが、読み手の立場に立ってブログサイトを構築していく事が基本的なポイントになります。読み手の立場に立つと言う事は、自分がそのサイト開いた時に「ずっと見ていたい」「何回も訪問してしまう」等の衝動にかられるかどうか?と言う事です。普段から自分がよく見るブログやサイトを参考にして、どのような工夫がされているかを分析する視点が必要になります。

そうする事で、本当の意味での読み手の立場を考えたブログサイトが構築出来ると言えるでしょう。ブログ運用者の立場になると、どうしても自己満足な部分が前面に出てきてしまうので、読み手の視点が疎かになってしまいます。少し考え方を変えるだけで、質の高いブログを構築する事が出来ますよ。

スマホ版のデザインに注力する

ブログを作っていく中で見落としがちなのが、スマホ版のデザインについてです。これも読み手の立場に立った考え方であると言えますが、日常的にPCでブログを見ている人は全体の何割になるでしょうか?多くの場合は、通勤途中や休み時間と言った限られた時間帯に、スマホでサクサク見る事が想像に容易いですよね。

しかし実際にはPC画面上のデザインで満足してしまう為、スマホ版のデザインに注力する事が多くありません。ありがちなのが。無料ブログサービスの広告表示についての勘違いです。無聊ブログサービスでは、意図していない広告を非表示に設定出来る場合が多いんですが、スマホ版に限っては非表示に出来ない傾向が強いです。

場合によっては、有料版へ移行してもスマホ版から広告が消せないサービスもあり、せっかく作ったブログが広告によってアクセス数に影響する可能性が出てきます。このように、ついPC版のデザインで満足してしまう落とし穴がある事を踏まえて、スマホ版デザインに意識を向ける事が重要です。

まとめ

SEO対策一つとっても、色んな視点や工夫がある事を理解いただけたのではないでしょうか?SEO対策は、全体的に地味でコツコツした作業が多く、すぐに効果が出るわけではないので諦めてしまいがちです。しかし頑張って身になれば、見られる機会が増える事でモチベーションも上がるので、コンテンツの質や内部リンクの関連性の高さがUPしてくる傾向にあります。

そこまでくれば、どんどんブログの質が高まってアクセス数が増える一方になる為、ブログ運用者としては楽しくて仕方がない状態になるでしょう。そこまでは産みの苦しみとして大変かもしれませんが、いつかはアクセス集中する事を願って努力していく事が重要ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました