【2019年10月26日】Googleが検索アルゴリズムを変更!その内容とは?

【2019年10月26日】Googleが検索アルゴリズムを変更!その内容とは? Google大変動!グーグルのコアアップデートによる検索アルゴリズムを徹底解析!

アメリカの時間で、2019年10月25日にGoogle(グーグル)が、検索エンジンのアルゴリズムを変更したことが発表されました。日本時間に換算しますと、2019年10月26日です。

筆者は、現在月間PV数50万を超える情報サイトを運営しており、月収のサイト収入が10万円を超えています。

健康サイトのキーワード「脚やせ 足上げ」で、検索順位チェックツールGRCにて、いつもとは異なる動きが確認されましたので、まとめてみました。

それではご覧ください。

【2019年10月26日】Googleが検索アルゴリズムを変更!その内容とは?

【2019年10月26日】Googleが検索アルゴリズムを変更!その内容とは?

日本時間の2019年10月26日(土)で、いつものように検索順位チェックツールGRCにて、記事の順位を確認していたところ、いつもとは異なった動きが確認されました。内容を調べてみると、アメリカ時間の2019年10月25日にGoogleがアルゴリズムの検索エンジンをアップデートしたことが判明しました。

それでは、詳細について解説していきます。

Google大変動!2019年10月26日に確認されたいつもとは異なった動きとは?

まずは、下記をご覧ください。私が運営している健康サイトの検索順位チェックツールGRCのキャプチャです。

【2019年10月26日】Googleが検索アルゴリズムを変更!その内容とは?

これまでの動きとして、検索結果2ページ目を維持してきましたが、今回1ページ目の表示に成功しました。理由は、前述したとおり、Googleの検索エンジンアルゴリズムの変更に伴う検索順位のアップです。

2019年10月26日に実施されたアルゴリズム変更の内容とは?

まずは、Googleから2019年10月25日当日に発表された内容を一部抜粋しますので、ご確認ください。

Applying BERT models to Search

Last year, we introduced and open-sourced a neural network-based technique for natural language processing (NLP) pre-training called Bidirectional Encoder Representations from Transformers, or as we call it–BERT, for short. This technology enables anyone to train their own state-of-the-art question answering system.

This breakthrough was the result of Google research on transformers: models that process words in relation to all the other words in a sentence, rather than one-by-one in order. BERT models can therefore consider the full context of a word by looking at the words that come before and after it—particularly useful for understanding the intent behind search queries.

But it’s not just advancements in software that can make this possible: we needed new hardware too. Some of the models we can build with BERT are so complex that they push the limits of what we can do using traditional hardware, so for the first time we’re using the latest Cloud TPUs to serve search results and get you more relevant information quickly.

発表はアメリカでしたので英語であるのは当然ですが、何が書いてあるのか分からないですよね。簡単に解説していきます。

ニュートラルネットワークとBERTのアルゴリズムが変更!?

黄色のラインマーカーで強調していますが、今回のGoogleの検索エンジンのアップデートでの注目されるべき事柄は、「ニュートラルネットワーク」と「BERT」です。

ニュートラルネットワークとは、人間の脳のメカニズムを模倣したシステムであり、人工知能の源となる技術のことです。これにより、Googleは人工知能(AI)の発展に大きく寄与しています。

そして、BERTとは、Googleの検索エンジンの自然言語処理における精度を高めるための技術の総称です。Bidirectional Encoder Representations from Transformers(Transformerによる双方向のエンコード表現)の頭文字を取ったもので、読み方は『バート』です。

つまり、今回のGoogle検索エンジンのアップデートの内容は、検索ユーザーの検索意図の予測精度を向上させるために、ニュートラルネットワークとBERT(バート)のアルゴリズムを変更したのです。

検索結果の精度がアップ!?そのアルゴリズムの変更内容と与える影響は?

Googleの発表によると、10回の検索のうち1回の検索の精度をアップさせることに成功したとのこと。下記の黄色のラインマーカーの箇所です。

Cracking your queries

So that’s a lot of technical details, but what does it all mean for you? Well, by applying BERT models to both ranking and featured snippets in Search, we’re able to do a much better job  helping you find useful information. In fact, when it comes to ranking results, BERT will help Search better understand one in 10 searches in the U.S. in English, and we’ll bring this to more languages and locales over time.

また、今回のアップデートはアメリカを中心とした英語圏でのみの検索対象とのことですが、将来的には、全世界に影響を与えるほど大きなアルゴリズム変更になるようです。すでに、一部地域や他言語圏のなかには、表示されるスニペットにおいて、世界規模でアップデート済みです。

そして、今回のGoogleアルゴリズムのアップデートは、検索の10%に影響を与えるといわれています。

今回のGoogleアルゴリズムのアップデートを迎えてすべき対策とは?

今回のGoogleアルゴリズムのアップデートを迎えてすべき対策とは?

今回のGoogleアルゴリズムのアップデートを迎えて、私たちのようにWeb関係者はどのようなSEO対策を行うべきなのでしょうか。

上記の内容を踏まえて、今回の検索エンジンのアルゴリズム変更に際し、検索意図の精度が飛躍的に向上したと考えられます。その根拠として、検索ユーザーが何かを求めて検索したときに、そのキーワードに最もふさわしいスニペットを表示させてくれるようになったことが挙げられます。

つまり、Googleの検索エンジンが自然言語を理解しやすくなったことから、私たちの普段の生活で交わされるような会話のように、情報が集めやすくなったということです。これだと、SEO初心者の方には難しいですね。簡単に説明しますと、

『検索エンジンがユーザーの検索意図をさらに理解するようになった』

ということです。

そこで、私たちが今後行う対策としては、ユーザーの検索意図に沿った内容で記事を執筆するのは当然のことですが、さらに、YMYLやEATも考慮しながらコンテンツを作成していく必要があります。

まとめ

最後に、日本時間の2019年10月26日のGoogle検索エンジンのアップデートにより、サイトのアクセスがアップした方、ダウンした方、さまざまいることでしょう。これは一時的なものではなく、アルゴリズム変更は時代の流れに合わせて不定期に行われます。

私たち、Web関係者は常にこのようなSEO情報を集めては理解し、対策をとっていく必要があります。今回の情報を是非、今後のアクセスアップにお役立てください。

参考になった方は、是非シェアをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました