【最新版】デジタルコンテンツとは?使い方や特徴など解説!

【最新版】デジタルコンテンツとは?使い方や特徴など解説! 【ブログ】SEO対策の知識をブログやサイトのアクセスアップに繋げよう!

2019年以降、デジタルコンテンツの概念が変わりつつあります。これまでの、CDやDVD、本などのアナログコンテンツから、電子媒体を中心としたデジタルコンテンツが主流となっています。

デジタルコンテンツを配信するにあたり、WebではSEOによってデジタルコンテンツを上位に表示させて販売するという手法が効率的です。

また、SEO対策の手法やサイトのアクセスアップの方法などを電子書籍にまとめて販売する方も増えています。本記事では、デジタルコンテンツをテーマに執筆しています。

それでは詳しくみていきましょう!

【最新版】デジタルコンテンツとは?使い方や特徴などわかりやすく解説!

【最新版】デジタルコンテンツとは?使い方や特徴などわかりやすく解説!

デジタルコンテンツといえば、以前はCDやゲームカセットを思い浮かべる方も多いと思います。しかし、2019年以降のデジタルコンテンツは、電子化された媒体が主流となっています。それでは、最新版のデジタルコンテンツの使い方や特徴についてみていきましょう。

デジタルコンテンツとは?

デジタルコンテンツとは、音楽や画像、文字などをデジタルデータとしてまとめたコンテンツの総称のことです。これだけだと分かりにくいですよね。簡単に説明すると、音楽や画像、文字などのデータをデジタル化して保存したものです。

以前はCDやDVDなどの媒体が主流でしたが、2019年現在では、電子辞書やWeb上で配信される音楽など、さまざまな媒体が登場しています。また、文字や音楽、イラスト、写真などの作品をWeb上に投稿してユーザーが閲覧する「note(ノート)」や動画ストリーミング配信の「youtube(ユーチューブ)」などのコンテンツも人気があります。これらのコンテンツをまとめてデジタルコンテンツと呼んでいます。

デジタルコンテンツの特徴と使い方は?

次に、デジタルコンテンツの特徴や使い方について解説していきます。

デジタルコンテンツの特徴とは?

デジタルコンテンツは長期的にデータを保存し続けることができるため、劣化しにくいという特徴が挙げられます。そもそも、デジタル化とは、データを数値で表現したデータの集まりで、一見すればユーザーには分からないものです。

コンピューター言語には、2進数や16進数などさまざまなデータ形式が存在しますが、デジタルコンテンツで取り扱われているデータも、これらと同様です。

ちなみに、この2進数や16進数はコンピューターが理解するための形式です。そのため、私たち人間が直接読み取れるものではありません。つまり、コンピューターだけが解読可能な暗号のようなものだと考えてください。

デジタルコンテンツが長期的に保存可能な理由は、上記のデジタル化によって正確にデータをコピーすることが可能なためです。しかし、この正確にデータをコピーできる利点から、違法な複製コンテンツも増え、社会問題と化しています。著作権が侵害されているケースも増えていますので、取り扱いには十分注意しましょう。

ユーザーにとってのデジタルコンテンツの上手な使い方とは?

2019年現在のデジタルコンテンツの主流は電子媒体です。現代では、電子書籍を主に取り扱う「Kindle(キンドル)」や動画配信の「youtube(ユーチューブ)」、Web上に投稿されたクリエーターの作品をユーザーが閲覧する「note(ノート)」など、さまざまなコンテンツを仲介してデジタルコンテンツが普及しています。

過去のようにCDやDVD、本などの媒体は、買いに行かなければならず、手間がかかることからユーザーからは敬遠されてきました。しかし現代は、上記のようなコンテンツを介して電子媒体を手軽に購入できるため、ユーザーからの人気も高いです。

つまり、ユーザーにとってのデジタルコンテンツの上手な使い方とは、必要な情報をWeb上で集めて上手に購入するということです。例えば、本を購入するとき、わざわざ本屋さんに行って探すという行為を省くことができます。Web上でデジタルコンテンツ探して購入すれば、あとは宅配で届くのを待つだけです。

しかし、これはユーザーにとっての上手な使い方です。クリエーターにとっての上手な使い方とは、電子媒体を販売するうえではコスパの高いSEOでしょう。SEO対策で上位を獲得し、アクセスアップを図って、電子媒体を販売することで、デジタルコンテンツを上手に販売することができます。

デジタルコンテンツとアナログコンテンツの違いとは?

デジタルコンテンツとアナログコンテンツの違いとは?

それでは、デジタルコンテンツとアナログコンテンツはどのような違いがあるのでしょうか。

アナログコンテンツとは、アーティストの作品のように直接目で見ることのできる情報や、本のような紙の媒体に情報が記録されたコンテンツのことです。

一方で、デジタルコンテンツは前述したとおり、デジタル化(数値化されたデータの集まり)されたコンテンツのことです。

つまり、アナログコンテンツとデジタルコンテンツは、記録された情報の取り扱い方が異なります。アナログコンテンツの情報は文字や画像、音楽そのものですが、デジタルコンテンツはデータを数値化して取り扱っています。

今後のデジタルコンテンツはどうなる?

今後のデジタルコンテンツはどうなる?

それでは、デジタルコンテンツの将来はどのようになっていくのでしょうか。

過去のデジタルコンテンツを簡単に振り返ってみます。2000年代のインターネット普及以降、デジタルコンテンツが主流となってからは、市場に大きな影響を与えました。

2016年に経済産業省が発表したコンテンツ産業全体の市場規模は約12兆円。これは、日本国内でのデータですが、海外に目を向けてみると、2014年で約62兆円、そして、2020年には約78兆円にまで拡大しています。

そもそも、デジタルコンテンツのメリットは大きいです。例えば、

  • 長期的な資産となり、利益率も高い。
  • 保存場所を考えなくてよい。
  • 隙間時間を活用できることから、副業などのサイドビジネスからスタートできる

このようなメリットから、デジタルコンテンツをビジネスに取り入れたいという方も増えています。

これらの背景をみていくと、将来的にみてもデジタルコンテンツは拡大していく見込みです。CDやDVD、本などのアナログコンテンツの売り上げが低迷しているなか、インターネットの普及は進んでいます。このような背景から、デジタルコンテンツの市場は今後も拡大していくでしょう。

デジタルコンテンツが作れるおすすめツールは?

デジタルコンテンツが作れるおすすめツールは?

デジタルコンテンツを作りたいと思っている方もいることでしょう。ここでは、おすすめのツールを紹介していきます。

おすすめツール① note

note(ノート)は、文章や写真だけでなく、音楽、映像、イラストなどをクリエーターが投稿してユーザーが閲覧するサービスです。

誰でも手軽にクリエーターとして活用できるため、おすすめするツールの1つです。

おすすめツール② eBook

eBookは、テキストコンテンツの作成に特化したおすすめのツールです。電子書籍としてそのまま販売することも可能です。

洗練されたデザインも豊富に揃っていますので、誰でも簡単に作ることができます。

おすすめツール② YouTube

2019年以降、YouTubeは動画配信サイトとして知名度も高いですので皆さんご存じだと思います。YouTubeでは、ビデオカメラやスマホなどで撮った映像をデジタルコンテンツとして編集し、ユーザーに公開することができます。

映像関連のデジタルコンテンツとしては、知名度は近年飛躍的にアップしています。

まとめ

最後に、デジタルコンテンツの将来性はまだまだあるといっても過言ではありません。実際に2019年以降もインターネット産業は拡大しています。そのため、まだまだデジタルコンテンツの需要も高く、将来的に技術も進歩していけば、更なる飛躍を遂げるでしょう。

経済産業省も含め、世界的にデジタルコンテンツ産業を支援する動きがみられます。あなたにとってもこれはチャンスかもしれません。

参考になった方は、是非シェアをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました