「SEO」の正しい読み方は?初心者でも分かるSEOの基本21選

「SEO」の正しい読み方は?初心者でも分かるSEOの基本21選 【ブログ】SEO対策の知識をブログやサイトのアクセスアップに繋げよう!

Webには「SEO」という用語が存在します。

「SEO」のことを、『エスイーオー』と呼んだり『セオ』と読んだりする方も多いと思います。果たして、どちらの読み方が正しいのでしょうか。

筆者は、本サイトとは別にオリンピック関係のスポーツ情報サイトを運営しており、そちらのサイトでは月間PV数50万超え、さらに、月のサイト収益は10万円を超えています。証拠として、実際に私の楽天銀行の口座に振り込まれた、過去のGoogleアドセンス収入をキャプチャします。

「SEO」の正しい読み方は?初心者でも分かるSEOの基本20選

このGoogleアドセンス収入の他に、A8,net、ロイユニオンなどのASPからアフィリエイト収益が発生しています。

さて、ここからが本題です。今回のテーマは「SEO」の正しい読み方についてです。それでは、解説していきます。

「SEO」の正しい読み方は?初心者でも分かるSEOの基本21選

「SEO」の正しい読み方は?初心者でも分かるSEOの基本21選

「SEO」はどのように読むのが正しいのでしょうか。ここでは、読み方だけでなく、初心者でもわかりやすくSEOの基本について解説していきます。

「SEO」の正しい読み方とは?意味も理解しよう!

それでは、「SEO」の読み方や意味について理解していきましょう。

「SEO」の正しい読み方は?

Webマスター初心者の方で、「SEO」のことを何と呼べばよいのか分からないという方もいることでしょう。「SEO」の正しい読み方は、『エスイーオー』です。

一部では「SEO」のことを『セオ』を呼ぶ方もいますが、これは冗談交じりでのWeb上の会話のなかで広まったといわれています。正しくは『エスイーオー』ですので、間違えないようにしましょう。

SEOとは?何の略?その意味は?

「SEO」は、英語で「Search Engine Optimization」の略で、それぞれの単語の頭文字を取ったものです。和訳すると、『検索エンジン最適化』という意味です。発音は、米圏では『オプティミゼーション』、英圏では『オプティマイゼーション』です。どちらの発音も正しいですので、人によって使い分けるとよいでしょう。

ところで、検索エンジン最適化という言葉は、初心者の方には難しいですよね。さらに分かりやすく掘り下げていきます。

検索エンジンで上位表示をさせることで、サイトのアクセスアップに繋がったり、収益が発生したりします。そのため、企業だけでなく、個人でされているアフィリエイターやブロガーも検索エンジンで上位表示できるような施策を行っています。

検索エンジンで上位表示させるための施策を行うことを「検索エンジンを最適化する」といいます。つまり、これをそのまま略して「検索エンジン最適化」と呼ばれているのです。

検索エンジンの仕組みについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
>> 【初心者向け】検索エンジンの仕組みとは?機能や種類を解説!

SEO対策でやるべきことは?

SEO対策といっても、サイトにはIT、スポーツ、健康、美容などさまざまなジャンルがあります。2019年以降のSEO対策は、ジャンルごとに施策内容が異なります。具体的には、

  • 競合が低くて需要のあるキーワードを選定する
  • キーワードに沿って適切な構成で記事を執筆する
  • 共起語を含ませながら、キーワードの割合を分析してリライトする

以上の3つを行います。

2019年以降、企業がコストをかけてアフィリエイトに参入してきています。そのため、個人でも勝てるキーワード選定をしなければなりません。

また、記事の内容はキーワードに沿った内容で執筆するようにしましょう。そして、共起語など関連性の高いキーワードを含ませながら記事をリライトすることで、ユーザーの心を摑む記事にすることができます。

リライトは、検索順位を上げるためにするものですので、検索順位を定期的にみて下落しているようであれば、3か月おきにリライトすることをおすすめします。

共起語の意味や使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。
>> 共起語とは?SEO対策の方法やおすすめツールなど解説!

ちなみに、ブラックハットSEOといって、上位表示させたいキーワードを過剰に含ませたり、自作自演した被リンクを貼ったりすることで、強引に検索エンジンに上位表示させる手法がありますが、このようなGoogleを騙す行為は、ペナルティを受けてしまう可能性がありますので絶対にやめましょう。

初心者向け!SEOについての基本21選!

次に、初心者でも分かるように、SEOの基本について解説していきます。2019年10月以降の最新版の情報を公開していますので、是非参考にしてみてください。

基本① 主な検索エンジンの種類とシェア率

2019年時点の日本で、主にユーザーから支持されている検索エンジンは、「Google」、「Yahoo!」、「Bing」です。Yahoo!の検索エンジンはGoogleのアルゴリズムを採用しているため、実質GoogleのSEOについての知識を深めていれば十分対応できます。

日本でのシェア率は、GoogleとYahoo!の検索エンジンで9割前後、残る1割前後はBingなどの他の検索エンジンです。

基本② 検索エンジンの仕組みを理解してSEOに繋げよう

検索エンジンの仕組みは至って簡単です。クローラーと呼ばれるロボット(プログラム)が、サイトの情報を集めて検索結果に反映しています。そして、集まった情報をもとに、アルゴリズムで分析し、検索順位を入れ替えています。

検索エンジンについての詳細は前述していますので、詳しく知りたい方は読み戻ってみてください。

基本③ なぜSEO対策を行うのか

なぜSEO対策を行うのか、その理由は、SEO対策によって検索エンジンで上位表示させることができれば、知名度が上がり収益に結びつけることができるためです。また、ブランディングもしやすいといえます。

つまり、SEOで上位を獲得できれば、SNSなどで苦労しながらファンを増やすことよりも簡単にサイトの収益化、ブランディング化ができるということです。

基本④ SEOに必須!HTMLソースを学ぶ

HTMLとは、Webサイトを構成するためのマークアップ言語のことです。コンテンツを作成するうえで覚えておかなければなりません。

文字を太くする<b>タグや斜体の<i>タグなど、文字の装飾に関するタグだけでなく、見出しの<h>タグや改行の<p>タグなど、さまざまな種類のHTMLタグが存在します。

基本⑤ 定期的なサイトの更新

効果的にSEOを持続させるためのコツとして、定期的なサイトの更新は必要不可欠です。1日1記事というまではありませんが、最低でも2~3日に1記事程度はサイトを更新するように心がけましょう。

定期的なサイトの更新はファンの獲得には欠かせません。途中で投げ出さないようにするための持続力が必要です。

基本⑥ SEO業者が行う施策内容

SEO対策を代理で行ってくれる業者も存在します。月にかかる費用は1万~30万円以上と幅広く、業者によって施策内容が異なってきます。

目安として、月3万円以内の業者は、基本的に被リンクの設置のみで具体的な対策をとらないケースも少なくありません。施策をお願いする場合は、実績や費用などよく確認して業者を選ぶようにしましょう。

基本⑦ 被リンクを獲得するためにはSNS発信が効果的

2019年以降、サイトのSNS発信は必須となっています。SNSは検索エンジンに直接評価されることはありませんが、拡散力が高く、広く認知されやすいという特徴があります。

この利点を活かして、SNSで閲覧したユーザーが参考(サイテーション)にしたり、被リンクとして活用してくれたりすることもあります。この被リンクの獲得は、2019年以降のSEOでも、まだまだ重要度は高いといえます。

基本⑧ ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、Googleの理念に則って的確なサイト運営をしながら行うSEO対策のことです。Googleの違反事項をよく理解し、適正な運営を図る必要があります。

長期的なサイト運営をしたいなら、圧倒的にホワイトハットSEOが有利です。

基本⑨ ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、Googleで定められているルールに違反しながらも、短期間で収益やアクセスアップを図りたい場合に活用されるSEO対策です。

Googleなどの検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため、あまりおすすめできません。

基本⑩ SEOの効果が現れる期間について

2019年以降のSEOで、サイト公開後どのくらいの期間で検索エンジンから評価されるのでしょうか。これは、検索エンジンのアルゴリズムによるところが大きく、内部も公表されていないため実際は分かりません。

しかし、筆者のこれまでのSEO経験を参考にした場合、幅広いですが約3日~6か月の間で評価されるケースが多いです。

基本⑪ SEO対策の施策内容はジャンルごとに異なる

それぞれのサイトごとにジャンルが異なるのと同様、ジャンルごとに行うSEO対策のやり方も異なります。2019年以降のSEO対策では、検索1位の記事を分析して、なぜ検索順位1位を獲得しているのかということを把握しなければなりません。

つまり、2019年以降のSEO対策は、キーワード比率や文字数、共起語などさまざまな観点からSEO分析していく必要があります。

基本⑫ メタデータの重要性

メタデータというと少し難しいかもしれませんが、簡単にいえば、サイトのタイトルや概要情報ことです。アフィリエイトやブログをされている方は、メタキーワード、メタディスクリプションのほうが馴染みがあると思います。

2019年以降のSEO対策において、メタキーワードはGoogleの評価対象から外れており、メタディスクリプションの重要性も下がりつつあります。しかし、定義しなければ記事の方向性を定めることが難しいため、記述はすべきです。

基本⑬ 網羅性を考慮した記事内容

網羅性とは、ある1つの情報に対して関連性の高い情報を考慮した性質のことです。例えば、「SEO対策」というキーワードに対して網羅性を考慮する場合、検索結果に表示されるサジェストキーワードをもとに、網羅性を引き出します。

つまり、SEO対策に関連する本や今後の展望など、さまざまな観点から記事内容を執筆していく必要があります。

基本⑭ EATを獲得しよう

EATとは、サイトに専門性や信頼性、権威性を持たせる指標のことです。2019年以降のSEOにおいて、EATの重要性は高いといえます。

EATを獲得するためには、SNS発信をしてブランディングしていくことが大切です。

基本⑮ YMYLを理解しよう

2017年12月に実施されたGoogleの健康アップデート以降注目されている指標です。YMYLとは、お金や生活に関する事柄について正しい情報もしくは権威性の高い情報を上位表示させるという指標です。

Googleの検索品質を高めるための対策の1つといえます。

基本⑯ Googleのアップデート

度々、Google検索エンジンのアルゴリズムコアアップデートが実施されていますね。直近だと2019年度は、3月、6月、9月、そして、10月にも実施されました。

Googleの検索品質を向上させるための対策といえます。このGoogleのアップデートにより、サイトの検索順位が大きく変動することから「Google大変動」とも呼ばれています。

基本⑰ サイト運営はユーザーファーストで行う

ユーザーファーストは、Googleの理念にも掲げられています。具体的には、検索品質を維持するためにサイト運営者は何をしなければならないのかというと、「ユーザの検索意図を満たして問題を解決してあげること」です。

基本⑱ キーワード選定

2019年以降、企業もSEOに参入してきているケースが増えてきました。個人でアフィリエイトされている方、ブログをされている方、さまざまな形態でネットビジネスを展開されていることでしょう。

個人でも企業サイトに勝てるケースもありますが、ほんの一部です。そのため、個人でも勝てるキーワードを選定して勝負することが大切です。Googleが無料で提供しているキーワード検索ツール「キーワードプランナー」を活用することをおすすめします。

基本⑲ リライト

リライトとは、記事を書き換えることです。SEO対策の1つの手法としてよく活用されています。そもそも、リライトの目的は、検索エンジンの順位を上げることです。ただ、なんとなく記事の品質が低い気がしてリライトをすることは間違いですので、むやみにリライトしないようにしましょう。

基本⑳ サイトへの流入経路の複数確保

2019年9月のGoogleコアアルゴリズムアップデート以降、サイトの流入経路を複数確保することで、ある一定のSEO効果が認められるようになりました。

例えば、TwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSの流入元に加えて、YouTubeやソーシャルブックマークなど、SEO以外にもさまざまな流入経路を確保することで、Googleからブランディングできていると高く評価されやすくなっています。

基本㉑ 今後のSEOとは?

今後のSEOは、素人レベルのコンテンツは上位表示は難しくなってきます。また、被リンク獲得や文字数、サイト運営期間など、これまでGoogleからの評価対象となっていたものが無意味なものになりつつあります。

すべてはGoogleの求める「ユーザーファースト」に則って、ユーザーから好まれるサイトにしなければ上位は獲得できません。

つまり、これまでのマイナーSEOでは通用しない時代が到来しました。今後、SEOでアクセスアップや収益化していきたいのであれば、プロとして高い意識を持つことが大切です。

まとめ

最後にまとめます。

「SEO」は「Search Engine Optimization」の略で『検索エンジン最適化』を意味します。正しい読み方は『SEO』。検索エンジンで検索順位を上げるために行います。

また、2019年以降のSEOの基本としてユーザーに好まれるサイト作りが大切です。さらに、オリジナリティ、ユーザーの流入経路の複数確保も重要視されています。

余談ですが「SEO」は韓国語で『서(発音:ソ)』と呼ばれています。日本で使用するSEOとは意味が異なり、韓国では主に名前の一部として使われることが多いです。

参考になった方は、是非シェアをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました