検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説!

検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説! 【ブログ】SEO対策の知識をブログやサイトのアクセスアップに繋げよう!

筆者の経歴として、現在、月間50万PVを超えるスポーツ情報サイトを運営しています。ちなみに、アドセンス収入は9万円程度です。

2019年9月25日(日本時間)に実施された、Googleコアアルゴリズムアップデートで記事の検索意図の重要性がさらに増しました。ここでは、ユーザーの検索意図を調べる方法について解説していきます。

検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説!

検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説!

ブログやサイトを運営している方に必見です。2019年のSEOにおいて、ユーザーの検索意図に沿った記事内容でなければ上位表示させることは困難です。それでは、詳しくみていきましょう。

ユーザーの検索意図とは?

検索意図とは、ユーザーの目的に沿った内容のことを指します。Googleなどの検索エンジンで何かを調べたいと思った場合、検索窓にキーワードを入力しますよね。そして、疑問に思っていた内容の解決方法が分かれば納得してブラウザを閉じますよね。

つまり、指定キーワードに対してユーザーが知りたい情報が検索意図というわけです。

キーワードに対して、ユーザーが知りたい情報がなかった場合、検索結果から離脱してしまうでしょう。または、ゼロクリック(検索結果に対してクリックしないで戻ってしまうこと)の発生原因にも繋がってしまいます。

2019年の度重なるGoogleコアアルゴリズムアップデートで、検索意図が重要視されている理由は、検索エンジンの結果に対する品質の向上です。つまり、ユーザーの検索意図に沿った内容の記事を上位表示させなければ、ユーザーにとってその検索エンジンは有益とはいえず、利用されなくなってしまう危険性もあります。

Googleをはじめとする企業はこのような現象を回避するために、ユーザーの動向を分析し、検索意図に沿った内容の記事を上位に表示させるようアルゴリズムを更新しているのです。

検索意図の正しい調べ方は?

それでは、実際に検索意図の正しい調べ方について解説していきます。

調べ方① 検索結果(オーガニック検索)を見てみる

指定キーワードを検索エンジンの検索窓に入力して実際に検索してみると、ブログやサイトのタイトルやメタディスクリプションが一覧で表示されますよね。これをオーガニック検索と呼びます。

ここで重要なのが、検索結果に表示されるメタディスクリプションのなかで、メタキーワードが太字で表示されるという仕組みです。実際に「検索 意図 調べ方」というキーワードで検索してみました。

検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説!

太字で表示されている箇所がありますよね。メタディスクリプションの内容を確認し、どのような内容の記事が上位表示しているのかを確認する必要があります。

調べ方② サジェストキーワードを確認する

サジェストキーワードとは、Googleなどの検索エンジンにキーワードを入力したときに自動表示されるキーワードのことです。例えば、実際に「検索意図」というキーワードを入力してみます。

検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説!

「検索意図 ツール」、「検索意図 seo」などのオートコレクト機能が働いて、キーワードが自動表示されました。

このサジェストキーワードは、ユーザーの検索件数が多いキーワードです。つまり、需要が高く、このキーワードで上位表示できれば、ブログやサイト内に多くの集客が見込めます。

また、サジェストキーワードとして表示されるキーワードは、ユーザーの検索意図に沿ったものといえます。そのため、記事を執筆する際は、サジェストキーワードが記事内に含まれるように構成を立てていくことをおすすめします。

調べ方③ 関連キーワードを確認する

関連キーワードとは、Googleなどの検索エンジンで検索結果の下部に表示されるキーワード群のことです。例えば、実際に「検索意図」というキーワードを入力してみます。

検索意図の正しい調べ方は?SEOにおける重要性も解説!

このように、「検索意図 ツール」、「検索意図 調べ方」などのキーワード群が表示されました。ここで表示されたキーワード群は、ユーザーが求めている内容ですので、そのままユーザーの検索意図として、記事内に含ませる必要があります。

調べ方④ 実際に上位表示している記事を分析する

ユーザーの検索意図に沿った内容でブログやサイトを作成するためには、上位表示させたいキーワードで実際に上位表示している記事の内容を分析する必要があります。分析する内容については、次の3つです。

  • どのような記事の内容であるか
  • 見出しの構成や順番はどのようになっているか
  • キーワードがどのように記事内に配置されているか確認

上位表示させるためには、ユーザーの検索意図に沿った内容でなければいけません。さらに、ユーザーが読みやすい見出し構成で執筆しなければなりません。また、記事内にどのようにしてキーワードが組み込まれているのかも確認しておく必要があります。

調べ方⑤ 「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo!」を確認する

悩み系キーワードで多いのが「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo!」などのサイトです。コミュニティー形式で投稿された悩みを解決していく流れですが、指定キーワードでこのようなサイトが上位表示している場合は、ブログやサイトで記事を執筆すると上位を獲得しやすいです。その理由は、網羅性にあります。

「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo!」から記事の網羅性に結びつける方法は次のとおりです。

  • 「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo!」などでユーザーがどのような悩みを抱えているのかを把握する
  • 悩みに対して他サイトで解決方法を調べる

実は、この2つだけです。

つまり、「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo!」で掲載されていない情報を集めて公開するだけで検索上位を獲得することができます。

検索意図とSEOの関連性とは?

2019年以降のSEO対策において、検索意図は重要性を増しています。ユーザーの検索意図に沿った内容でなければ上位を獲得することはできません。一部のキーワードでは、まだ検索意図に沿った内容でなくても上位表示しているケースもありますが、今後そのような記事は淘汰されていくでしょう。

このことから、検索意図とSEOとの関係性は非常に高いといえます。つまり、SEO対策の基本は、検索意図に沿った内容でブログやサイトを設計し、記事を執筆していくことが大切ということです。

まとめ

最後に、ユーザーの検索意図で記事を執筆することが、2019年のSEO対策において、いかに重要かが理解できたと思います。つまり、品質の高い記事とは「検索意図に沿った内容で執筆してある記事」ということです。

SEO対策の基本は、検索意図に沿った内容でブログやサイトを設計し、記事を執筆していくことです。品質を向上させたいなら、ここで検索意図の調べ方を学んで実践していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました